自然豊かな大地の雫

北海道別海町は「酪農王国」と呼ばれ、人口の10倍近い乳牛11万頭がいる生乳生産日本一の町。
この自然豊かな大地でのびのびと育った牛たちから作られるおいしいミルクをお届けます。

大地の雫について

私達の牧場は昭和35年に現代表の父母が現在地に入植し、牛1頭、馬2頭からスタートしました。
私達はさらなる牧場の成長を目指して平成28年に「株式会社 大地の雫」として法人格を取得。平成29年には近代化、大規模化をはかりそれまで約400頭だった牛を約1000頭まで増やし、まだまだ増やしています。
今後もスタッフの働きやすさや、高い生産、品質を目指しながら、一層の規模拡大、新規事業も視野に入れながら日本一の酪農のまち別海町からモデルとなるような酪農牧場を目指していきます。

大地の雫の特徴

大地の雫では搾乳ロボットをはじめとする様々なオートメーションシステムを導入しています。搾乳ロボットを導入することで牛も作業者も負担が減り、また様々なデータがリアルタイムで把握できるため、飼養管理の向上に繋がります。他にも自動給餌機、自動換気・照明システム、哺乳ロボットなども導入し、省力化と労働生産性の向上に努めています。
また、大地の雫では次期代表を中心に若手のスタッフが中心となり、獣医コンサルタントや、関係機関と連携しながらカウコンフォート(牛の安楽性、快適性)の向上を追求しています。

施設の紹介

会社概要

名称株式会社大地の雫
所在地 〒088-2725
北海道野付郡別海町上春別149-2
代表者浦山 宏一
設立年月1955年創業/2016年4月1日法人化
資本金500万円
従業員数常勤男性7名/女性3名(役員4名、パート1名含む)
事業内容酪農業
経営データ 飼養頭数:1000頭
搾乳牛:600頭
育成牛:400頭
肉牛頭数:30頭
設備 ・8頭ダブルミルキングパーラー
・搾乳ロボット(8台)
・バイオガスプラント

トピックス